宮島工芸製作所

世界遺産にも指定された広島県・宮島の地にて、杓子や調理ヘラの製造を行う宮島工芸製作所。
宮島杓子は、寛政年間に僧誓真が弁財天の持つ琵琶の形からヒントを得て、

島民に作り方を教えたのが始まりだといわれています。
巧妙な技法と工夫による伝統的な木工工芸の技術をいかし、現代の暮らしに寄り添うものづくりを追求。国産木の優しさと丁寧な手仕事による温もりが感じられ、末永く愛用できる製品となっています。