ラブレターをもらったら

ハリネズミくんは、遅れるのが大嫌い。
この日は森の広場に一番乗りできそうになくて、とげとげした気分です。
そんな時、広場へ向かう道で手紙を拾いました。
「あなたはよろこび、ひかり、こころのなかのきぼう。
あなたがいなくなったら、とってもさびしい。
あなたのことがだいすきってこと、しっている?」……「だれかがぼくのことをすきなんだ」自分へのラブレターだと思ったハリネズミくんは、すっかりごきげんに。
ところが、その後ラブレターを 落としてしまい、今度はそれを拾ったウサギちゃんが「ハリネズミくん、 わたしのことがだいすきなんだわ」と思い込み…。
微笑ましい勘違いが繰り返された末に、みんなは大切な友だちの存在に気づきます。
ラブレターがもたらすあたたかな幸せにあふれたお話です。

ラブレターをもらったら

SKU: b09403
¥1,500価格
  • 21×26cm 32頁

  • 文/アニカ・アルダムイ・デニス
    絵/ルーシー・ルース・カミンズ
    訳/石井睦美